TOPページ > 温泉遺産一覧 > 温泉文化・風俗 > 共同浴場、湯かむりの唄

共同浴場、湯かむりの唄

かつての日本住居には風呂はなく、風呂といえば共同浴場。ここは風呂文化発展の場所でした。

道後温泉(愛媛県)
道後温泉の「道後温泉本館」
夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台になった道後温泉。道後温泉本館は明治23年建造の町のシンボル
松山市道後湯之町089-921-5141
道後温泉事務所

武雄温泉(佐賀県)
佐賀・武雄温泉の「元湯」
1200年以上の歴史をもつ武雄温泉の共同浴場。江戸期の領主・武雄鍋島氏専用浴槽であった大理石の湯が残る
武雄市武雄町0954-23-2001
武雄温泉

別府温泉(大分県)
別府温泉の「竹瓦温泉」
明治35年完成。当初は竹葺屋根のため竹瓦温泉と呼ばれた。昭和13年に改築されて現在に至る
別府市元町0977-23-1585
竹瓦温泉

岩井温泉(鳥取県)
岩井温泉の「湯かむり唄」
独特の風習の「ゆかむり」に欠かせないのが「湯かむり唄」。『岩井八景づくし』など、いずれも数え歌形式
鳥取県岩美郡岩美町0857-72-3481
岩美町観光協会

Copyright (c) 日本温泉遺産を守る会