TOPページ > 温泉遺産一覧 > 温泉施設の建造物 > 関西以西の建造物

関西以西の建造物

文化財、木造三階建て、茅葺屋根の宿などが温泉遺産として認定されています。

城崎温泉(兵庫県)
三木屋
数寄屋造りの木造三階建て母屋は昭和2年の完成。どの部屋も庭に面し、創業以来の玄関の荒い石畳などが見事
豊岡市城崎町湯島0796-32-2031

龍神温泉(和歌山県)
上御殿
本館は明治18年築の木造二階建て瓦葺屋根。明治の大火を免れた、紀州藩公ゆかりの部屋「お成りの間」がある
田辺市龍神村龍神0739-79-0005

三朝温泉(鳥取県)
木屋旅館
庄屋時代の屋号「木屋」で明治元年に開業。大正9年、昭和33年に改築されたが、随所に明治のものが残る
東伯郡三朝町三朝0858-43-0521
旅館大橋
使用木材を変えるなど、ひとつとして同じ造りのない部屋が特徴。アーチ型の廊下など空間をうまく生かす
東伯郡三朝町三朝0858-43-0211

小藪温泉(愛媛県)
小藪温泉
大正中期に完成した木造三階建ての母屋。二階・三階広間の周囲にある「回り廊下」が特徴的。登録有形文化財
大洲市肱川町宇和川0893-34-2007

道後温泉(愛媛県)
道後温泉本館
夏目漱石の名作「坊ちゃん」にも登場する温泉施設。道後温泉のシンボルで、多くの人々に愛されている
松山市道後湯之町089-921-5141

柳川阿久根温泉(福岡県)
阿久根
現在は葦葺屋根だが以前は藁葺だった。屋根の梁などは200年前のもの。客間は昭和初期築の自宅を移築した
柳川市三橋町高畑0944-72-2483

別府温泉(大分県)
竹瓦温泉
明治12年建造後、改築を重ねる。当時の竹葺屋根から竹瓦温泉と呼ばれる。昭和13年に改築され現在に至る
別府市元町0977-23-1585

湯平温泉(大分県)
右丸旅館
江戸末期創業。以前の建物は大正元年の火事で焼失。三代目が旅館業を再開し、玄関などに当時のものが残る
由布市湯布院町湯平0977-86-2600

雲仙温泉(長崎県)
雲仙観光ホテル
竹中工務店が初めて設計を手がけたホテル。スイス・シャレー様式を取り入れた見事な建築。登録有形文化財
雲仙市小浜町雲仙0957-73-3263

武雄温泉(佐賀県)
元湯
江戸中期の領主、武雄鍋島氏専用浴槽の大理石の湯が今も残る。朱塗りの楼門は東京駅と同じ建築家の作品
武雄市武雄町武雄0954-23-2001

Copyright (c) 日本温泉遺産を守る会